滝行の様子

自然の中で滝行で滝と一体化

東京の裏座敷檜原村の凛とした最適な自然環境の中で滝行の体験はいかがでしょうか?

東京最後の秘境、檜原村で本格的な滝に打たれることができます

天光寺では煩悩を取り払う滝行ができます。

滝行は、密教の修行の1つです。

心の汚れを落としたい方に人気・特に女性に人気の「滝行」 滝は、マイナスイオンの宝庫。東京の奥座敷檜原村、山々に囲まれ、緑あふれる山道、天光寺のパワースポット。

天光寺では一人でも多くの方に滝行を体験して頂ける様に、滝行指導を行っております。
初心者の方でも、お一人でも参加できます。是非一度体験してみて下さい。

日常生活では、経験出来ないこと、そのひとつが滝行です。
経験して損はない修行です。

背景

滝行とは

滝に打たれ真言を唱え続ける厳しい修行。
滝に打たれながら真言を唱え続ける密教の修行法の一つです。

天光寺の滝修行はただ一心に精神統一を行います。
滝行は自然と一体化し達成感で満たされる醍醐味

天光寺の滝行・川行とは、行衣―衣服をまとい水・滝に打たれ、無我の中で自分自身を見つめる修行です。

滝行のポスター

水・滝の自然の癒す力より、仕事の疲れやストレスが癒されます。

滝への入り方

簡単に滝の入り方をご説明します。
滝に入る前の作法、入滝、出滝まで全て指導致します。

滝に入る前

行衣を着用します。 塩とお酒を用意し、次にお線香をあげ、あいさつ、護身法、真言や般若心経を唱えます。

滝に入る時

身体を塩で清めます。
清め方は口の中、右足、左足、右脚、左脚、右腕、左腕、胸、頭、身体全体、バケツに水を入れ塩を流していきます。

気合を入れて頭から水をかぶります。
滝に入るときは、滝を塩とお酒で清め、あいさつをし、自分の身体を塩で清め護身法、真言、九字を切り滝に入ります。

入るときは、印を結び、真言、般若心経を唱えます。
気合を入れて、身体の汚れを落とすように両手で払います。

滝を出る

滝行が終わったら、再度滝にあいさつをし、護身法を解き、次の方のために塩とお酒で清めます。

滝行・川行の目的

・心身共に強くなり自信をつけたい

・精神力を身に付けたい

・精神的に落ち込んでいるので自分自身を見つめ直したい

・ストレスを解消したい

・心身をリフレッシュしたい

・自分自身を変えようと思う

・体調不良なので、元気になりたい

・人生活きる上の信念確立のための修行

滝にうたれる男性
修行を行う滝

近隣の滝

不動の滝

不動の滝

龍神の滝

龍神の滝

九頭龍の滝

九頭龍の滝

払沢の滝

払沢の滝

様々な体験修行

あなたは、心の病にかかっていませんか?
体験修行によって疲れた心を癒してください。
人間関係や仕事上のストレスでゆううつな気分が続くことがありませんか?

あなた自身の本来の姿(心、魂)に耳を傾けて下さい。

お一人でも、団体での参加も可能です。天光寺で宿泊をしながら、様々な修行の体験が行えます。

体験修行の内容

▶挨拶の作法

▶読経

▶腹式呼吸

▶発声法

▶写経・写仏

▶瞑想・密教座禅(阿字観の「大日如来」梵字)

▶住職の法話

▶お百度参り

▶川行

▶滝行

この他にも密教には、水行、瞑想、お百度参りなど、様々な修行法があります。

5184564_m.jpg

お電話はこちら

TEL:042-519-9380